SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
==========
アートというものがあり、コミュニケーションがある。 そのまんなかには、リンゴの芯のようなものがあって、それこそがぼくたちのテーマなんだ。 たぶん、ぼくたちの夢でもある。
〜ナム・ジュン・パイク〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
空間の詩学
空間の詩学 (JUGEMレビュー »)
ガストン バシュラール
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
マーク・ロスコ―1903-1970
マーク・ロスコ―1903-1970 (JUGEMレビュー »)
ヤコブ・バール=テシューヴァ, Toshio Miyamoto
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新サイトオープン
新しいサイトがオープンしました!


  ↓




作品やアトリエの様子が、みなさんにわかりやすくお伝えできればと思います。

あらためてよろしくお願いいたします。































| アトリエの日々 | 13:06 | comments(0) | - |
風景週間

この春、吉祥寺は大きな駅ビル、kirarinaがオープンしてますますおしゃれな街な感じになっていますが、井の頭といえばやはり緑豊かな公園が魅力のひとつ。

その一画に井の頭自然文化園があります。

ひとまわりするのにちょうどよい大きさの中に、いろんな動物がいます。

有名な象のはな子さん。67歳だそうです。


そして彫刻家、北村西望の作品が木々の中に。

昨日、今日とこちらで制作、またアトリエでの制作に利用するための資料集めです。




楽しいぞう!








| アトリエの日々 | 12:11 | comments(0) | - |
東京寒い
なかなか暖かくなりません…東京。

瀬戸内海のほうに旅に出ていた先生が、東京の寒さにびっくりしていました。

でもそのおかげで、いつもならとっくに駄目になっているビオラが元気だし、特に今年はハナミズキの美しさが目立つ気がします。寒暖の差できれいになるんじゃないでしょうか。

それでもこどもと外国からの観光客は、半袖短パンだったりしますよね。
外国の人は実際、体温が高いらしいですね。

故郷の雪国ではまだまだ寒くても、雪の下で春の花は芽を出しているそうです。

(あ…お気づきの方もおられるでしょうか、私は「春日さん」ではありません…自分のログインIDを忘れてしまいまして)

春はいつも、後悔します。

春の花(チューリップ、フリージア、水仙…)のためには冬に球根を植えておかないと…
あぁ植えておけばよかった、とよそ様の花をみて思います。

寒い冬はどうしても土いじりから遠のいてしまいます。

来年こそは花を咲かすぞ〜!!!




<先週のSさんのデッサン。最終的には普通になったと評価を受けていました。この段階はめちゃくちゃきれい…>








| アトリエの日々 | 14:20 | comments(0) | - |
鳥肌のお土産
ロンドンから帰ってきたKくん(芸高2年生)が

すごいお土産を持ってきてくれました。

うわぁ〜 うわぁ〜

やっぱりプリントいいわ〜

古本屋の店主に、このセレクトを「賢い」とほめられたそう。

ほんとだね〜




わ〜 やっぱパスキン… わ〜

コピー機が大忙し!

セザンヌの画集もすばらしく

ほんとにいい画集との出会いは重要だ!

印刷がいいことでその作家を好きになったりします。


すてきパッケージのLONDON GIN TRUFFLESもいい香りで最高でした!

ナショナルギャラリーでのベラスケス、ダヴィンチの作品の話も聞いていて、Kくんの感動が鳥肌になってビリビリ伝わってきました。

ありがとう!





| アトリエの日々 | 18:46 | comments(0) | - |
多摩美1年生
この春、めでたく多摩美日本画1年生となったTくん。

今頃すっかり大学生として学校生活がスタートしているんですね。

言葉少ない彼ですが、絵を見ると着実に成長していた1年でした。

「もっとしっかりしろよ!」なんて、よく思ったけど

きっと自分なりにテーマを抱えて取り組んでいたんでしょうね!

_大学生になって、饒舌になっているかもしれない…

今度、語ってもらいましょう笑

そして、彼の十八番、さだまさし「犬になりたい」を歌ってもらいたい。


<試験直前の人物着彩>(当日は黒をかけたらしいですが)

彼は静岡でこども絵画教室からスタートして吉祥寺で浪人を2年、

今年でちょうど10年目だったそうですよ。


オメデトウ!




| アトリエの日々 | 20:21 | comments(0) | - |
いいオトコ
最初見た時は、とてつもなく変な像だと思っていたのですが

なかなかいい男だな。

高校生、この像で石膏デッサンが始まりました。



<青年ブルータス>

| アトリエの日々 | 10:51 | comments(0) | - |
不思議な問題
春期講習の作品。

人物油彩2日。

もはや専属(?)モデルの役者・森羅万象さん。


春からビシバシです、Mくん。

<まんぞうさんといえば、手と腹ですね>

Mくんは油彩だと構成的なんですが、その緊張感がデッサンになると、なぜかぬけます。

反対に、Sさんのデッサンは造形的な力もあり、なおかつ魅力的な世界が出るのですが、油彩になると世界観とまでいかず、なんだか自信なさげ。。。。になります。(このときの作品は充実してましたけどね)


この問題をちょっと考えなければいけません。

不思議な大事な問題です。






| アトリエの日々 | 18:42 | comments(0) | - |
新学期が始まりました



春爛漫!


 
| アトリエの日々 | 14:22 | comments(0) | - |
素晴らしいモデル
昨日は、急きょ人物デッサンの機会がありました。

モデルは普段、勉強しにきている中学生のHNちゃん。

ダンス部で鍛えているという彼女、のびのびとしなやかな姿がいつも印象的です。デッサンや着彩の作品にもとても魅力があります。

その彼女がある日、素敵な服を着てきて、見た瞬間、ひらめきました。

「その服を着てモデルをやってほしいな。」

すぐにおうちの方にも手紙を書いてお願いすることにしました。

部活もあって忙しいのに、たまたま学校が早く終わる日があるとのことで、思いつきのお願い事が叶いました。

 

ビシッと、ポーズを続けて立派でした。




モデルを使う制作は、この緊張感が何よりの勉強になりますが、今回8ポーズ(4時間)という短い制作時間で、しっかり『かたち』にして充実した制作が出来たことが、今までとの大きな違い。素晴らしい!!
受験生の大きな成長を目の当たりにしました。

中身の話はまたいつか…


HNちゃん、どうもありがとう!!




| アトリエの日々 | 11:55 | comments(0) | - |
シブくて色っぽい

今朝、自転車をこいでる目の前にとんぼが飛んでました。

草はもう、猫じゃらしなんかがちょっと前から出てます。

花の時期が長いあじさいもそろそろ終わり。
その枯れ際に色が抜けたあじさいの、色っぽいこと。

アトリエに昔からある参考作品にも
この頃のあじさいを描いたものがあります。

透明水彩のみずみずしさとそれが紙に吸い込まれて
壁のようになったら…



だれか上手なひと、描いて〜!


ってあじさいが言ってる。よ。














| アトリエの日々 | 11:35 | comments(0) | - |
| 1/22PAGES | >>