SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
==========
アートというものがあり、コミュニケーションがある。 そのまんなかには、リンゴの芯のようなものがあって、それこそがぼくたちのテーマなんだ。 たぶん、ぼくたちの夢でもある。
〜ナム・ジュン・パイク〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
空間の詩学
空間の詩学 (JUGEMレビュー »)
ガストン バシュラール
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
マーク・ロスコ―1903-1970
マーク・ロスコ―1903-1970 (JUGEMレビュー »)
ヤコブ・バール=テシューヴァ, Toshio Miyamoto
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
井の頭公園。
a

アトリエから吉祥寺の繁華街を抜けてすぐに、井の頭公園があります。

昨日、いつもの近道として公園に一歩入った瞬間、緑の世界が広がって感動しました。

弱い日差しがより一層きれいにみせていました。

緑の世界と一体となったような感覚がありました。

『森林浴』とはよく言ったものですね。
| 雑多なこと | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
もう7月です。
春日です。といってもHNでは誰だかわかりませんか(苦笑)
アトリエの学生さんは私が誰か、他の先生方に聞いてみてくださいね〜。

実は先週の半ばからしばらくの間、アトリエをお休みすることになっていたのですが、中にはそれを知らない学生さんもいらっしゃったことかと思います。
いろいろみんなに伝えて帰ろうと思ってたのですけど、結局それができずじまいでどうも申し訳ありません。
ですがアトリエには行っていなくても、ちゃんとアトリエの仕事(の手伝いですけど)もしてるんですよー。ふふふ。
でもアトリエにいて、皆さんがどういう成長をしていくのかを見るのはとても楽しいし、どうしたら成長するかを考えるのも楽しいことでした。きっかけが生まれて伸びる様子を目にすると嬉しかったですのに、今年はそんな機会が減ってしまって残念です。
先週には、昼間部の学生も夜間部の学生も、みんな各々がいい感じになってきてたと思うし、他の先生たちもそう言ってました。
これから夏期講習会を迎え、2学期には相当力がついて伸びてると思います。
特に高校生は。
その頃にみんながどういう風に成長してるのかを楽しみにしてます。

暑さなどに負けないで、がんばってくださいね…!!
| 雑多なこと | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
レオナルド・ダ・ヴィンチ展
レオナルド・ダ・ヴィンチ展に行ってきました。
もう会期が終わりに近いせいか雨のせいなのか、係員の方から列に並んでから入場まで40分程度と説明されました。思ったより早く入場できるもんだなぁと思って並んでいたら、30分もしないうちに入場できました。「これはたぶん、ところてん式に出されるのでは…?」と思ってしまうような早さで列が進むのです。
会場内に入ってみると、意外にもそういう感じではなかったのですが、列に近づくとやはり係員の方が「立ち止まらないで下さい」と言ってました。まぁそうでしょうね、多くの人が立ち止まると、進まないし作品も見えなくなってしまいますから。
しかし立ち止まらないとゆっくり鑑賞できないのも事実です。作品の目の前では邪魔になってしまいますけどちょっと離れた位置からだと、少しくらいはゆっくり見ることができました。といっても本当にわずかな時間ですが。
マリアの顔や首の微妙な明暗の差。なんてきれいなんでしょう。影になっているハーフトーンがとてもきれい。空の明暗も、天使の左の空なんて本当に明るい光が差し込んでいて、そこから広がる明るさのバリエーションは印刷じゃあ出ないでしょうねえ。

で、布。これ、アトリエの課題で模写した作品でもあります。と言っても『受胎告知』の習作の方ですけど。やっぱりただ模写するだけではなく、いったいどこに使われるためのものなのか、とか、なんの絵に使われてるのもなのかなどを気にして描くというのは、とても大事なことなんだなぁと思わせてくれました。

第一会場はこの作品一点のみ。ある意味すごい展覧会ですよね。一点だけで持つっていうのがまたすごいですよね。
結局、第一会場を出るまでに40分ちょっとという時間でした。作品を鑑賞できたのはほんの10分ないくらい…でしたが、行ってとてもよかったです。図録もじっくり見てみようと思います。

20070611_256428.jpg
| 雑多なこと | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
パンフレットの表紙の絵
今年の年間パンフレットの表紙の絵と、夏期講習会パンフレットの表紙の絵、実は同じなのですが、気がついてるのかな、うちの学生は?
表紙にする作品がなかったというわけではないのですが、片方はカラーで載っているので、それが果たしてモノクロにした場合、どのように見えるのかと思ったのであえて載せてみました。
見てみると……
ほとんどがハーフトーンで描かれてるんだなぁということが分かりますねぇ。黒は……左の真ん中にある瓶だけです。華やかな色見はすべてハーフトーンでした。
明るめのハーフトーンと暗めのハーフトーンがあったり、それがどのように絡み合ってきてるのかとか、よく見ていくと発見することがいくつもあります。
と言った具合に、両方の表紙の絵を見比べてみると勉強になるなぁ〜という気持ちで、夏期講習会パンフレットの表紙の絵を決めました。
なかなかよい発案だったと思うのですが、いかがでしたでしょうか(笑)
自画自賛です。
| 雑多なこと | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨ですね。
世間様では今『はしか』が流行ってるようで、いくつかの大学では休校になってるところもありますね。
アトリエの生徒も何人かが「具合が悪い」「風邪っぽい」「熱がある」と言って、お休みしたり早退したりしています。みんな症状がまちまちなので、どうやら『はしか』ではないようですが、やっぱり季節の変わり目なのかしら?と思ってしまいます。
もしも生徒の誰かが『はしかです』と申し出てきたら………アトリエもお休みになっちゃうんでしょうねぇ。うつったりしたら困りますしね。

今日は雨が降っていて、最近はけっこう天気がよかったので、雨って久しぶりな感じがします。天気がよくても夜はぐっと冷え込んだりしてましたから、今日はもっと寒くなるのでしょうか。
風邪などひかないように、気をつけないといけませんね。
| 雑多なこと | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
モディリアーニ展
正確には『モディリアーニと妻ジャンヌの物語展』に行ってまいりました。
新しく発見されたジャンヌの写真や作品も展示されていて、なかなか見応えのある内容でした。ジャンヌ、デッサンが上手です。
モディリアーニの油彩の色彩はなんであんなに輝いているのでしょうね。内側からの輝きとでもいうのか、見ていて本当にうっとりします。一緒に行った人は「首のつき方とか動きに対する神経がすごいね」と言っていました。一見、なんてことないように見えるのだけど、そう言われてみて見ると角度とか色見とか、本当に繊細な感じがします。
図録も買いましたけど、いつも思うのですけど図録の色って本物とはずいぶん違ってしまいますよねー。仕方ないのでしょうけども。本物に近く色出しされた画集だと、相当高値がつくのでしょうね(苦笑)

こちらの展覧会はまだやってますので、時間を作って是非行ってみて下さい。

連休中に『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』にも行きたかったのですけど、こちらは断念しました。会期中には是非行きたいものです。
| 雑多なこと | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
イギリス留学
先週の土曜日は、6月下旬から3ヶ月間イタリアを中心としたヨーロッパに滞在してさまざまな絵を見てくるというOGのOさんが、その予習のためにアトリエを訪れてくれました。
そして翌日の日曜日、吉祥寺にある井の頭公園で偶然にもOBのK君にばったり遭遇。久しぶりに会ったK君は少し大人になってたくましくなったような印象。……あ!背筋が前よりも伸びてピンとしてるんだ!!
彼は確か……美術留学を目指してがんばっていたはず。
そっちの方はどうなったのかしらぁ〜?
聞けばなんと6月初旬からイギリスの大学に3年間留学するとのこと! まぁー。素晴らしいですねぇ。
K君は履歴書にアトリエの名前も書いてくれたそうで、ちょっと顔がほころんでしまいました。アトリエに通っていてよかったとも言ってくれました。
そして個展を開いたりしてがんばってるそう。もらった名刺にも自身の作品が載ってました。
K君はイギリスに立つ前にまた作品を持ってアトリエに寄ってくれるそうで、楽しみです。
向こうに行ったら写真とか送ってほしいですね! Oさんは早くも(?)海外で使えるケータイに機種変してました。是非メールしてほしいですねぇ〜。

OさんもK君も、期間や場所はそれぞれ違いますが、似たような時期からヨーロッパに勉強に行くのですね。羨ましいですね。でも日本にいて勉強してる学生たちも、そういう人もいるということをいい刺激にしながらデッサン等に励みましょうね!!
| 雑多なこと | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヨーロッパ予習
a

今日はOGのOさんが、7月に(3ヶ月もかけて!)ヨーロッパに行くにあたり、どこにどんな絵があるのかを予習に、そしてケーキを持って、アトリエに来てくれました。
写真はOさんがヨーロッパ旅行の本を片手に話を聞きながらメモを必死でとっている様子です。

うらやましー!
い〜な〜、と言わずにはいられな〜い!

帰ってきたらまたお土産話、楽しみにしているよ!

| 雑多なこと | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
写楽考
『写楽考』というお芝居が、4月にシアターコクーンにて上演されます。
もちろん!観に行きます。
なぜ「もちろん」かというとただまぁ観てみたいからなんですけど。

せっかくこのお芝居を観に行くのですから、ちょっとは勉強してから行こうと思ってます。ま、お芝居なので写楽のことだけ調べるのではなくて、このお芝居についても知っといた方がいいかなーとも思ってます。

東洲斎写楽(上手にリンクが張れてなかったらすみませんが下記アドレスをコピペするなり、ご自身で検索してください)
アドレス=http://ja.wikipedia.org/wiki/東洲斎写楽
| 雑多なこと | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
風邪再び
またアトリエで風邪をひいてる人が増えたようです。
今年は暖かかったり寒かったりが激しいので、体調管理がムツカしい感じですけど、厚着しすぎず薄着しすぎず、自分でしっかり調節してください。
寝るときも、風邪引かないように暖かくして寝て下さい。寝冷え厳禁!
もうすぐ12月。冬期講習会も始まるので、気合いを入れていきましょう。
| 雑多なこと | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>