SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
==========
アートというものがあり、コミュニケーションがある。 そのまんなかには、リンゴの芯のようなものがあって、それこそがぼくたちのテーマなんだ。 たぶん、ぼくたちの夢でもある。
〜ナム・ジュン・パイク〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
空間の詩学
空間の詩学 (JUGEMレビュー »)
ガストン バシュラール
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
マーク・ロスコ―1903-1970
マーク・ロスコ―1903-1970 (JUGEMレビュー »)
ヤコブ・バール=テシューヴァ, Toshio Miyamoto
<< 平面構成 | main | 一日デッサン無料体験講習 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
七夕祭り
三鷹下連雀の連雀商店街で行われた七夕祭り。

旧アトリエ近くの商店街でアトリエのみんながかわいがって頂いたところです。
そこで、武蔵野市に移転した今年も『七夕祭り』へ参加のお声をかけて頂き、ポスター作りと当日の『似顔絵&ネイルアート』の出店をさせて頂きました。
a

あの『顔面紙芝居』で有名な、ぴかさんも毎年のことながら会場を盛り上げていました。何と言っても子どもたちから絶大な人気があります。お祭りをなお一層楽しい雰囲気にさせるものといえば、わくわくと心躍らせている子ども達の姿だと思いますが、ぴかさんの子ども達に一途に向けられるその姿勢に、去年あたりから私もファンになりました。

私達の『似顔絵』と『ネイルアート』のところにもた〜くさんの子が、今年もやって来てくれました。
どんなに小さい子でも女の子は爪をピンクにしてあげると本当にうれしそう。
似顔絵も今年は特に大盛況でした。中には一年ぶりの似顔絵を描いてもらいにくる子や二枚描いてもらう子もいました。だいたい20〜30枚描きますが、私は一度描いた子は大抵覚えているのでこちらもまた顔が見れるとうれしかったり。

そしてお祭りも終わりに近づくと遠慮していた(?)大人の方々も来てくれます。最初の似顔絵を描いてから3年目の方もいます。

年々、楽しく参加させて頂いている七夕祭り。
また来年も参加できますように☆
| アトリエの日々 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kichijoji-art.jugem.jp/trackback/153
トラックバック