SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
==========
アートというものがあり、コミュニケーションがある。 そのまんなかには、リンゴの芯のようなものがあって、それこそがぼくたちのテーマなんだ。 たぶん、ぼくたちの夢でもある。
〜ナム・ジュン・パイク〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
空間の詩学
空間の詩学 (JUGEMレビュー »)
ガストン バシュラール
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
マーク・ロスコ―1903-1970
マーク・ロスコ―1903-1970 (JUGEMレビュー »)
ヤコブ・バール=テシューヴァ, Toshio Miyamoto
<< ラストです | main | 2学期スタート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
思考する
 
<近所のかべ>

新学期が始まりちょうど10日が経ちました。
来週からは連休もあり、あっという間に過ぎてしまいます。

そんな中、特にこの時期はどれだけ意識をはっきりさせるかが大切になってきます。
試験を終え、自分の問題点に正面からぶちあたる。画面=自分自身と言ってもいい。それに向き合うこと、これはけっこう大変ですね。つらいです。逃げたくなるほどでしょう。
しかし絵は絵、問題を具体的にしていくことができます。ひとりではなかなか大変でしょうが、そこに私たちがいます。

『絵を思考する』

最初は私も吐き出すように絵を描いていたような気がします。というか、絵はいつでもそんな要素をもっているのでしょうけど……

『芸術というものを私が高く評価するには「熱烈な告白」があるからである。』

とは、ルオーの言葉です。続けてこう言っています。

『しかし芸術の創造には、ある種の方法を必要とする。
感情だけで即興的にできるものではない。
深い感性を持ってしても。
それよりも生涯をかけての努力で方法を獲得する必要があるのだ。』

見る人に何を感じさせるか、それを考えるなんて……すごいですね!絵を描くって!

『画家は自分の外にあるものを扱い、自分が見るものから積極的に力を吸いとる。絵を描くという行為は肉体的な行為であり、ある種の肉体的満足という要素をもっている。…視覚による体験は生気を与える。ほとんどそれは精神的体験(それにともなう苦痛も含め)に変わるが、それが一種の栄養になる』___ケネス・クラーク

ダヴィンチと真逆という声が横から聞こえますが……

こちらが伝えるカリキュラムの意図を、さらに自分自身で思考して制作に向ってほしい。瞬く間に過ぎる時間をひとつひとつを噛みしめて長い時間にしてほしいです。

<ポンペイ展、もう一回行きたい!>

| アトリエの日々 | 11:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - |
コメント
みんな頑張ってるみたいですね
この時期ってやっぱり大事なんですよね

ぅちは二年生授業がやばいです。
高校生ばりの時間割になってます\^o^/
毎朝7時起きはしんどいです。
課題の事で行き詰まってるので先生に相談しに行こうかとも思うんですが、日曜しか休みがないから、なかなか…苦笑
| 385 | 2010/04/23 12:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kichijoji-art.jugem.jp/trackback/303
トラックバック