SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
==========
アートというものがあり、コミュニケーションがある。 そのまんなかには、リンゴの芯のようなものがあって、それこそがぼくたちのテーマなんだ。 たぶん、ぼくたちの夢でもある。
〜ナム・ジュン・パイク〜
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
空間の詩学
空間の詩学 (JUGEMレビュー »)
ガストン バシュラール
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
マーク・ロスコ―1903-1970
マーク・ロスコ―1903-1970 (JUGEMレビュー »)
ヤコブ・バール=テシューヴァ, Toshio Miyamoto
<< 鳥肌のお土産 | main | 風景週間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東京寒い
なかなか暖かくなりません…東京。

瀬戸内海のほうに旅に出ていた先生が、東京の寒さにびっくりしていました。

でもそのおかげで、いつもならとっくに駄目になっているビオラが元気だし、特に今年はハナミズキの美しさが目立つ気がします。寒暖の差できれいになるんじゃないでしょうか。

それでもこどもと外国からの観光客は、半袖短パンだったりしますよね。
外国の人は実際、体温が高いらしいですね。

故郷の雪国ではまだまだ寒くても、雪の下で春の花は芽を出しているそうです。

(あ…お気づきの方もおられるでしょうか、私は「春日さん」ではありません…自分のログインIDを忘れてしまいまして)

春はいつも、後悔します。

春の花(チューリップ、フリージア、水仙…)のためには冬に球根を植えておかないと…
あぁ植えておけばよかった、とよそ様の花をみて思います。

寒い冬はどうしても土いじりから遠のいてしまいます。

来年こそは花を咲かすぞ〜!!!




<先週のSさんのデッサン。最終的には普通になったと評価を受けていました。この段階はめちゃくちゃきれい…>








| アトリエの日々 | 14:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:20 | - | - |
コメント
コメントする